自主放送について

コピー ~ オークホテル 001 (38) 左の写真は、ホテル・学校などでよく見かける
再送信のほかに、その建物の独自の放送を
テレビ共聴ラインに同時送信する為のラックです
例えば学校ならば校内放送のDVDを変調して
テレビの共聴ラインに混合し、送信する訳ですが、
この独自放送についても今後、検討が必要になって
きます。ラックの一番下が変調器なのですが、
地デジの電波の周波数を使っている場合、
変更が必要だったり、アナログVHFで伝送している
場合、テレビがアナログチューナー付きの物が
だんだん無くなるので、デジタルの変調器が必要に
なります。
 自主放送用ラック架

この現場の場合、(アナログ放送の修理です)

1Fのヘッドエンド架周りでの画像確認は、施設の運営上の時間の制約により行う事が

出来なかったが、ヘッドエンド架内の自主放送とのミキシング用に使用されていた

2分配器によるミキシングでのDU比の悪化が予想できたので、変調後のホテルチャンネル

VHF2ch専用のブースターのモニターでの2chとアナログNHK総合で使用している1chとの

レベル比を確認した。

実際運用している2chに対し1chとのレベル差が、20dB程度しかなかったので、ここで出ている

1chと再送信で実際運用している1chとの電波の混在によるビート障害と断定した。

今回の修理処置として、メンテ用で使用している変調器を代替品として、仮設置しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です