旧ロビーインターホンと旧住居内インターホン親機

インターホンリニューアルで映像対応機器への移行

映像対応のインターホンへリニューアル

  • 映像化することによって、防犯上やセキュリティ面でも大幅に向上します。
  • 新型コロナウイルスで置き配が流行っていることもあり、非常に便利です。
  • 画質もきれいで、録画機能も併せ持っています。録画した映像は保存され、後で見ることができます。
  • 映像は上書きされて保存されます。
  • 削除する必要がなく、非常に手間いらずです。

映像対応のインターホンに移行したい、しかし、こういったお悩みもあるかもしれません。

(お悩み)インターホン幹線が住居内まわし配線で、映像対応のインターホンに移行しにくいと言われた
  • 幹線の住居内まわし配線は、住民様がいつ都合がいいかというところに左右されます。
  • 例えば、1軒住民様が都合が悪いと、その系統の幹線の処理ができません。その系統の住民様全てが通信出来ません。
  • 工事の工程として幹線工事が、終了しないと宅内工事に進めません。1度お宅に上がらせて頂いても、全ての工程が完了しません。住民様にとっても、工事業者にとっても、負担が大きいということになってしまいます。
  • 幹線が共用部まわし配線だと、住居内まわし配線と比較して、幹線の処理が容易にできます。幹線工事完了済みなので1度お宅に上がらせていただくと、すべての工程が完了できます。
  • そのため、住居内まわし配線だと、映像対応のインターホンに移行しずらいと言われています。

上記のお悩みでも、小山通信工事にご相談ください。

お問い合わせはこちら! 詳細は下記より!